香港カジノ紀行 |香港からマカオへ!








香港に旅行に行き、せっかく来たのだから!
ということで、マカオに行ってきました。


マカオへはタクシー、船と乗り継ぎ、
船着場からはバスで直接グランドリスボアへ。


ミラーボールのような外観に、どうだ成金趣味!
と言わんばかりの内装にテンションがあがり撮影会を行います。


内装はどこもかしこも絢爛豪華で、タバコ臭い。


お金持ちそうな人ばかりかと思いきや、
普通の人や、地元の一般市民?みたいな風貌の人もいます。


テーブルでの対人カジノに憧れるものの、
言葉が分からないことと、”1Bet300HKドル”
という賭け金に二の足を踏んで、テーブルにつくことはせず、
まずはぶらぶらと見学をしました。


グランドリスボアの中はフロア毎に賭け金の下限が決まっていて、
テーブルがメインだったり機械がメインだったり、
高額BETのエリアがあったりと、
本当にカジノのデパートといった印象でした。


そうこうしているうちに、内部でつながっている、
ホテルリスボアへ迷い込んでしまいました。


ホテルリスボアにも小規模なカジノがあるのですが、
こちらの機械のカジノでの最低賭け金は20ドルからでお手頃!
というわけで、やってみました。


平日ということもあってかホテルリスボア内のカジノは閑散としていて、
スタッフが暇そうにしています。


私が機械カジノをやっていると、
操作方法をスタッフが丁寧に教えてくれます。
当たるととっても喜んでくれます。


…で、ちょっとだけ儲かったんですよ。1000円くらい。
もちろんチップを要求されました。


1000円儲かってチップ要求されたんじゃ、
割に合わないよーってことで、逃げてきましたが…(笑)


グランドリスボアに戻ってきて、
機械カジノは最低掛金が安いということに気づいたので、
リスボアでスロットに挑戦するも、撃沈。
そんなに上手くはいきませんね…


ちなみに、ディーラーの居るテーブルゲームでプレイされる場合は、
知らなければ大きな恥をかきますので、
オンラインカジノで練習されてから行くことをおすすめします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です